システム紙揃機

ミューマルチリフター

常に一定の高さでパレットの中央に紙積みセンターパレット方式で、作業性・安全性・耐久性に優れたマルチ紙積み機

カタログをみる

image

印刷前の大裁ち工程、印刷後の検品工程等の積み替え機です。パイルとリフターがセットになっており、検品工程では2台並べて、大裁ち工程では断裁機を中央にして連結させます。
リフターは紙が減った分だけ上昇し、パイルは紙の増加分だけ下降するので、常に一定に高さで紙の積み替え作業を行うことができます。
また、パイルの針当て部が移動して、パレットの中央に紙を積むことができ、そのまま印刷機にセットできます。
1.紙の増減分だけパイルとリフターが自動的に上下し、常に一定の高さで紙の積み替えが行えるため、作業者の負担を軽減し、作業時間も短縮できます。
2.四六全判から菊半裁判までの紙をパレットの中央に積めます。
3.ワンプの積み替え、板取り反転の積み替え、検品の積み替え等にも適しています。
4.どんなパレットにも対応できます。

  MAL-40P(菊全判型) MAL-44P(四六全判型)
適用紙範囲 最大紙寸法(mm) 939×636 789×1,090
最小紙寸法(mm)*1 636×470 788×545
紙厚(mm) 0.03~ 0.03~
紙重量(kg) 1,200 1,200
紙積高(mm)*2 1,150 1,150
所要電力(KW) 1.1 1.1
機械寸法 全長 (L)(mm) 1,347 1,523
全幅(W)(mm) 990 1,190
全高(H)(mm) 1,600 1,600
機械重量(kg) 355 375

*1 手動運転の場合あらゆる最小サイズに対応します。
*2 紙積み高はパレットを含みます。

カタログをみる