計数機

ミューカウントスケール

紙揃え機と計数機を一体化、紙を揃えながら計数も同時に行います

カタログをみる

image

断裁作業前に必要な計数と紙揃え作業を合理化することで、小分け断裁の工程を大きく変えます。ジョガーと計数器を一体化すれば、重労働からの解放と専門技術が不要です。 また、ミューカウントスケールは、2台のスケールを搭載。紙のサイズと重さにより使い分けできます。

>>システム紙揃機とは

■ メインスケール&サンプルスケール

紙揃機はミューカウントスケール上に設置することで、メインスケールとして機能します。サンプル紙の重量を基準に、枚数を自動的かつ正確に計数します。計る紙を載せ、重量が安定したところで、安定マークとブザーが計数完了をお知らせ。さらに、合紙を入れながらのカウントも合紙引き機能で、正確に計数できます。

■ サブスケール&サンプルスケール

サンプル紙の重量をもとに枚数を自動で正確に計数。自立架台式のみならず、断裁機やペーパースライダー上にも設置することができます。小裁ちされたものの計数機としても使えます。

■ ミューペーパーフローシステム

これまで2名で行っていた断裁前の計数と紙揃え作業を1工程にし、1名で行うことができます。人間工学に基づきリフト部と揃え機部の角度を体の負担が少ない112°に設定。

200枚ごとに合紙を入れて1,000枚を計数する場合の作業

リフター サンプル計量器 ミューペーパースライダー

1.リフターに紙を載せる。
➡︎
2.用紙を10枚くらいサンプル計数器に載せ、1枚あたりの「タンジュウ」を計測する。
➡︎
3.用紙を紙揃え機に載せる。紙押え付ミューペーパースライダーを通すことで、紙を持ち上げずに移送できる。
リフター サンプル計量器 ミューペーパースライダー

4.紙揃えを行いながら、同時に紙の枚数を自動計数。枚数を調整して200枚に合わせ「セキサン」ボタンを押す。
➡︎
5.積算2回で400枚となり、合紙を入れ、合紙の重量を引くために「アイシビキ」ボタンを押す。
➡︎
6.200枚を「セキサン5カイ」累計「1000マイ」と表示され、計数が完了。その後断裁機へ。
    メインスケール   サブスケール
    MCS-32 MCS-40 MCS-44 共通
機械寸法 全長 (L)(mm) 1,000 1,160 1,360 500
  全幅(W)(mm) 850 900 960 600
 

全高(H)(mm)

120 120 120 1,550±50
 

フロアーからの高さ(mm)

55 55 55

-

最大坪量(kg) 200 200 300 5
最大積載量(kg) 700 *1 700 *1 800 *1 5
最小表示(g) 10 10 20 0.1
計数範囲(g~kg) 20~200 20~200 40~300 2~5
機械重量(kg) 96 108 120 -
表示 LCD液晶グラフィック
消費電力 30VA
電源 AC100V 50Hz/60Hz
カタログをみる