システム紙揃機

ミューペーパージョガー

紙揃え精度に特化し、断裁システムの合理化に貢献する紙揃機

カタログをみる

image

MUTECH独自の振動方式を開発したことで、紙揃えの精度を圧倒的に高めたミューペーパージョガー。0.03mmの超薄紙から厚紙まで、高精度で紙揃えします。針とくわえが振動し紙を揃えていくため静電気がおきにくく、紙の飛び出しがありません。これまで専門技術を必要としていた紙揃えの作業時間を大幅に短縮すると同時に、誰もができる作業へと変えました。

>>システム紙揃機とは

■ 除電エアによる静電気除去※特許出願中

静電気を帯びた紙は断裁作業の効率化を阻害します。ミューテックの紙揃機では、帯電除去成分を帯びたエアーをくわえ側から送る「除電エアー」を用紙にブローすることで、静電気トラブルを抑制し紙揃え作業をスピーディーに行うことができ、「断裁に最適な用紙(=Clean&Eco Paper)」を作ります。

Clean&Eco Paper(クリーン&エコペーパー)

プラスとマイナスのイオンの風を、紙の間に直接送り込むことで、静電気を除去。さらにイオンの風が紙に固着した紙粉を中和し一掃。この原理で仕上がった印刷前静電気除去された用紙を、
Clean&Eco Paper(クリーン&エコペーパー)といいます。 この用紙は除電メリットを最大限に引き出し、印刷質の安定化及び生産性の向上を実現しています。

■ 針+くわえW振動方式

独自のW(ダブル)振動方式。挿入された紙に正確な振動が与えられるよう、針振動板が自動で上昇し、キレイに揃えます。テーブルが振動しないので振動が他に伝わらず、静電気がおきにくく紙の飛び出しがありません。また、テーブルは傷つきにくく滑りのよい硬質クロムメッキ処理をしています。

■ モノコックボディ構造

紙揃機のテーブルの重さと紙の荷重を一点で受けるため、継ぎ目がなく剛性の高いモノコックボディ構造を開発。アルミ鋳造でひずみがなく、紙揃え精度を高めることができます。

■ 強力なエアー抜き

強力なエアー抜きでそのまま断裁機へ移行可能。中抜きや完了後の2度抜きも設定できます。

■ 計数はおまかせ

ミューペーパージョガーとミューカウントスケールを組合わせることで、10g単位で計数することができ、より精度の高い計数が可能です。

■ ミューペーパーフローシステム

これまで2名で行っていた断裁前の計数と紙揃え作業を1工程にし、1名で行うことができます。
人間工学に基づきリフト部と揃え機部の角度を体の負担が少ない112°に設定。

  MPJ-44(四六全判型)
適用紙範囲   最大紙寸法(mm) 1,090×788
紙厚(mm) 0.03~
所要電力  3相200V (1.54kW)
機械寸法   全長 (L)(mm) 1,370
全幅(W)(mm) 1,025
全高(H)(mm) 1,763
テーブル有効寸法(mm) 1,125×800
突当て高さ(mm) 170
エア抜き可能高さ(mm) 20~165
機械重量(kg) 450

※製品は予告なく仕様を変更する場合がありますのでご了承ください。

カタログをみる