印刷業界

静電気と重労働のない新発想の作業環境へ。

印刷業界にとって印刷量、および受注単価の下落、資材の値上がりなど、厳しい環境下にもかかわらず、さらなる品質向上、生産の効率化に注力されているなかで、ミューテックは四半世紀前より世界初の高積紙揃機を開発して以来、印刷工場内の用紙物流の効率化についてご提案してまいりました。

  •  

このようなことでお困りではありませんか?

                    
  • 静電気によるフィーダーストップが多い
  • 紙粉によるピンホールが多い
  • 枚葉工場の紙の流れ等の効率化をはかり、工場を広く使いたい。
  • 印刷機の群管理をし、人件費を削減したい。
  • アルバイトやパートの方など熟練者以外に紙積みをやらせたい。
  • 紙積みのため腰痛を患っている社員が多い。
  • 紙積みに追われ、本来の印刷を学ぶ時間がとれない。
  • 枚葉工場に女性も働けるような環境を作りたい。
  • 検品作業の労働環境を改善したい。
  • 紙が0.03mmと、超薄紙なので、うまく揃わず時間がかかる。
  • 高速度の印刷機に見合った速さで紙積みを行いたい。
  • 大裁工程で紙の移動の省力化を図りたい。
  • 印刷機フィーダー部にコロコンが引いてあり足元が危ない。また、その高さのため一回に印刷できる量が減ってしまう。
  • 印刷機のメーカーや送入方法が異なるので、フィーダーに互換性をもたせたい。
  • 印刷機だけでなく、打ち抜き・ラミネート機等でも別ステーションで揃えた紙を挿入できるようにしたい。
  • 物流パレットにいろいろな種類があり、その度にそれに合うハンドリフトを探している。
  • ワンプを切るとき、本紙を切ってしまったり、切るのに時間がかかる。
  • 計数作業にもっと力を入れたい。
  •  

人を、紙を、そして環境を幸せにする、ミューテック。紙を扱うすべてのビジネスの課題を解決するのが、私たちの仕事です。

ー おすすめ機器 ー

不揃い用紙の揃え直し、検査時の積替えの効率化

工場内紙物流の効率化・省力化に